輸入文具店DESK LABOの日記。文房具のことから毎日のあれやこれやを綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BiC40周年記念モデル物語
BICの定番4色ボールペンが発売40周年を迎えたのを機に記念モデルが発売されたのが昨年のこと。
記念モデルだけあってピンク、ライムグリーン、ライトパープル、ライトブルーの爽やかな組み合わせにライムグリーンのボディが可愛く大ヒット商品となりました。
この時点では数量限定とメーカーさん。しかし発売数は発表されませんでした。
「限定」とうたったモデルなので購買意欲を刺激したのでしょう当店でも人気で店舗、WEBとよく動きました。

その後しばらくすると同じ色使いの各色のノートセットが発売に。
まぁこの辺は「お、商魂たくましいこと」程度の感じで当店でも扱い、早々と完売。
そして最終ロットと案内があったのが昨年の末(だったはず。)
少し多めに仕入れをして完売。残念だな~と思っていました。

しかし、年が明けると突然の復活!今回は限定の文字は消え単なる記念モデルとして。
BICさん、こんなに売れるのをみすみす手放すのは惜しくなったのか、頭の部分のデザインを少しだけ変え、再発売。
今回は限定の文字は消え単なる記念モデルとあいなりました。
定番化?とメーカーに聞くも「無くなり次第終了」とあいまいな答え。
「限定」で販売してしまった日本中の文具店の純情などどこ吹く風のBICさん。
ある意味さすがとうなってしまいました。

まぁカワイイし、「限定」で販売してしまった手前なんとなく申し訳ないなと思いつつも継続して販売。
やはり、安定した人気でよく動きました。

さてBICさん、攻撃の手をゆるめません。それだけではこと足らず今度は2色ボールペンに同色のインクで展開。
例えばピンク×ライムグリーン、ライトブルー×パープルなど多数の組み合わせ。。
こうなると最初の4色ボールペン40周年記念の意味はそこには全くなく、そこにあるのは2匹目のドジョウを必死に探す、素晴らしくも卑しいフランスに本社を持つBICジャパンの魂のみ。

毒を食らわば皿までとばかり、当店もその戦略に乗っかり(笑)いくらなんでも全部は無理なんで、
常識の範囲で選んで入荷。まぁ、普通に売れていました。

そして今、この年末にかけてBICジャパンはボディをメタリックにした2色ボールペンを販売、、、
やはり例の4色をうまくばらした組み合わせ。
「手帳によく合う」とアッピール。
まいりました。
やはりやるならこれくらいやらないとですね。
売れるものは売れるだけ売る。この分かりやすさは嫌いではありません。
当店も早速と思いましたが、そんなにBIC、いらないことにようやく気づき、今回はスルー。
(ほんとは1種類入れてしまいました(汗))

さてBICさんの今後の動向に目が離せませんね。
来年はどうやって二日本中の文具店を、BICファンを楽しませてくれるのでしょう?
楽しみです。

輸入文房具通販DESK LABO

bic4gn4.jpg
トホホ





スポンサーサイト

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。