輸入文具店DESK LABOの日記。文房具のことから毎日のあれやこれやを綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近況報告です
もうすぐ3月も終わり。
あの地震から2週間以上たちました。
LABOは現在基本的に通常営業時間に戻っています。
店内は若干暗くなっていますが、お買い物には支障はないかと思っています。

東北地方への発送も再開しています。
お時間がかかってしまう地域もござますが何卒ご理解のほどお願い致します。

落ち着かない日々が続いています。
気になることはたくさんあるのですがどうしたらよいやら自分の無力さを知るばかりです。

先日、原発導入のシナリオについてのNHKの映像を見ました。
みなさんも見てみて下さい。
ちょっと長いですが。
GoogleVideo
http://video.google.com/videoplay?docid=-584388328765617134

そして偶然にも読んでいた河合隼雄の「ナホバへのたましいの風景」の中に進歩についてのこんな文章がありました。

アナサジ文化が進歩し、壮大な建築物を築き、人々の往来も激しくなったとき、大干ばつが続く。
その時メディスンマンの誰かが啓示を受け、「自然に帰ろう」と呼びかける。
人々はその言葉に耳を傾け、一斉に建築物を離れ、それぞれが自然とともに住む生活へと溶け込んでいくようになった。
そこには何の争いも無く、静かな行動だけがあった。
これが現代人からみれば、アナサジ文化の消滅であり、「退歩」であるのだが。
それはほんとうに「退歩」なのだろうか。
私はいろいろと想いをこらしつつアルバカーキへと向かったのであった。

答えは簡単には見つからないのですが、考えること、これをやめてはいけないのです。
何を信じるか、もう一度過去を見直し、考え抜くことが必要とされているような気がします。
うまくいくのかな。
少しでも良い方向に私たちが向かいますように。

それでは。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。