輸入文具店DESK LABOの日記。文房具のことから毎日のあれやこれやを綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20ミリシーベルト?
YAHOO NEWSからの転載です。

東京電力福島第一原子力発電所の事故対策を巡り、4月30日に内閣官房参与を辞任した小佐古敏荘(こさことしそう)・東京大学教授が2日夕に予定していた報道関係者向け説明会が中止された。

民主党の空本誠喜・衆院議員によると、小佐古教授が官邸から守秘義務の指摘を受けたことが、中止の理由だという。

文科省は校庭利用の放射線被曝限度を年間20ミリ・シーベルトとしている。
空本氏は「小佐古教授は、子供の被曝量はせいぜい年間5ミリ・シーベルトにとどめるべきだという考え。

さて、この国の政府は是か非でも子供に被ばくをさせたいのでしょうか?
良心の呵責に耐えられなくなった科学者の発言の機会を脅してつぶすこの国はもうすでになんでもありの国家に落ちぶれたようです。

そもそも、年間の被ばく限度量は1ミリシーベルトではないのでしょうか?
ここは重要なのですが、私はそれが実際に理にかなった数字かどうかは別として、それが震災前の法で定められた基準値ではなかったのですか?
自分たちの都合のよい様にいつの間にか数字を改ざんして知らん顔をする。
本当に気をつけないと。
政府とメディア、関係ないけど池上彰なんて信用してはいけませんよ。

GW、こんなのばっかりですいません。
では。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。